2007年08月24日

精巣腫瘍or脂肪肝

さっき、バードクリニックから戻りました…

ベリーは恐らく♂で、痩せてるけど健康優良児で◎

問題はマドレーヌでした。

まず肥満であること、太りすぎてて精巣腫瘍か脂肪肝か判別がつかないが、そのどちらかではあること。

私の家のインコズのほとんどが肥満・異常発情なのは、取り寄せたオーガニックのごはんとサプリが原因であろうということ。

我が家のような自由に部屋を飛び回る鳥たちは、躾がなっていない、人を噛む犬を等しく飼い主が舐められてると指摘されました…。

マディのおなかはエコー検査でもレントゲンでも原因がつかめず、まずは腫上がった肝臓をお薬で抑えて+ダイエットさせて1ヶ月後にバリウムを飲ませて再度レントゲンを撮ることになりました。

ろう膜が青いから大丈夫、と私は思っていましたが、ろう膜の色が全く変わらない精巣腫瘍もあるということでした。

飛んでるときにおなかをどこかにぶつけてしまったら、肝臓が破裂して死ぬかもしれないので気をつけるように言われました。

精巣腫瘍だったとしたら、ただ死を待つだけしかない、とも。

一番ショックだったのは、「私」が育てたせいで異常発情や肥満になってしまったことを指摘されたこと。

あとは死の宣告を受けたショコラを助けてくれたオーガニックのごはんとサプリが、マディにとっては毒でしかなかったこと。

ケージ外では、外と同じようにストレスを与え、自分の安心できるのはケージ内だけ、と思わせないといけない。みんなが遊べる鳥の水飲み場やアスレチックは撤去しなさい、外は人間の世界で怖いものだと思わせないと発情は止まりません、ということでした。

「あなたは飼い鳥に舐められてる」

と言われたことが一番ショックでした…
いや、もともと厳しい先生なのですが「こんなに一家で何羽も以上が出ることはまずない」と言われてしまっては飼い主失格と言われたのも同じだし…今はどうしていいか混乱しています。

全て私のせい…か。

ニックネーム のんの at 21:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
のんのさん、ご無沙汰しております。

ベリーちゃん、元気そうで何よりです。
でも、マディちゃんの体調は心配ですね!!

バードクリニックの先生、きついですね〜(>_<)
でも、私は放鳥してることがいけないこととは思いませんが・・・
餌に関しては、我が家の子たちは皆、普通のシードとボレー粉(ちゃんと洗って)、小松菜などの葉物しか上げてないのでよくわからないですが、マディちゃん、精巣腫瘍じゃないことをお祈りしています。
のんのさんも、気を落とさないでくださいね。


Posted by sino at 2007年09月04日 13:48
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1039392

この記事へのトラックバック