2007年04月28日

ガレット1歳デス!

遅ればせながら…

26日は末っ子・ガレット♂の1歳の御誕生日でした♡

相変わらず人怖いまんまですが、未だヒナ鳴きの名残のようなジャアジャア声で叫んだりして1歳になったような気が全くしません(^▽^;)

つい「王子」「ベベちゃん(フランス語で”赤ちゃん”)」と呼んでしまう赤ちゃん鳴き。

アイリスリングも目立たなくてお目々くりくり、しかも超童顔(*´艸` *)

シュっちゃんやマディたんからLOVE餌をもらわされたり(…)大好きなビーズと鈴のブランコ相手に愛を囁きまくったり、何故かショコラのケージで昼寝してても追い出されなかったり。

荒鳥なのですが、なんとも言えない愛嬌の持ち主です。
近距離で見るとより可愛い(親馬鹿です)のですが、何分携帯カメラにも怯える始末なので小さくてごめんなさい…
(exclamation×2mixiにはこの画像が掲載されていますが、その後PCがクラッシュしたため画像が手元にありません…もうやだ〜(悲しい顔)

お医者様には痩せすぎ!と注意されましたが元気ちゃんで助かっています

ニックネーム のんの at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

多摩センター動物訴訟への協力のおねがい

不正請求・手術ミス・不要な手術決行が相次ぎ、東京地裁で有罪判決が下された

東京都多摩センター動物病院
http://www.doubutsubyouin.jp/
院長 鳥吉 英伸(とりよし ひでのぶ)

が、実名公開・有罪判決後控訴し、病院を再開しました。

しかし、再開直後にすでにウサギが被害に遭っています。

24時間営業・エキゾチックアニマル全般を扱うということで、被害は広範囲・他種類に及び、泣き寝入りする患者さんと家族の方も絶えません。

現在、この医師の獣医師免許剥奪のための署名活動が行なわれています。

私の5羽の家族たちは、幸いにして素晴らしい主治医に出会えましたが、偶然この病院に行き、亡骸となっておうちに帰った多くの動物たちのために、こちらの活動に協力させて頂くことに致しました。

■多摩センター動物訴訟を応援する(HP)
http://petsosyou.web.fc2.com/index/index.html
↑こちらで署名活動が行なわれています。
心ある方は、ご協力願えればと思っております。

■被害者公式ホームページ
http://doggynavi.com/

先日発売された週刊誌などにもとりあげられており、マスコミの目も若干むいてはいますが、所詮コンパニオンアニマル保護の後進国の日本。
現在も有罪の獣医師は平然と手術のメスをとっています。

被害者をこれ以上増やさないよう、ご協力下さい。

管理人・のんの拝





ニックネーム のんの at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする